融資/資金調達支援

金融機関からの融資を中心とする
資金調達のサポートをいたします

CHECK

【このようなお悩みはありませんか?】
□創業を考えており創業融資を検討している
□新規事業設立や新規施設の立上げ、及び新規機器導入など事業拡大を行いたい
□急な出費などで早急に資金が必要になった など
創業時や新規事業部門の設立、新規事業所設立など事業拡大時や、急な出費などで運転資金が早急に必要になった時など、事業を行う上で資金の調達が必要となる場面はたくさんあります。このような場合には金融機関からの融資によって資金を調達することがほとんどであると思いますが、具体的にどのようにすればスムーズに融資を受けられるかわからない経営者の方も多いのではないでしょうか?
金融機関では、これまでの実績や担保などを基にした融資に加え、事業性を評価しての融資も積極的に行うようになってきています。その為、しっかりとした事業計画を作成することが資金調達で最も重要になってきています。
っています。
事業計画では、特に以下の内容をしっかりと抑えて作成することによって今後の事業の指針となり企業の発展に役立つとともに、金融機関やステークホルダー、また従業員からの理解/協力も得ることができます。
1.企業の『理念・方針』が示されていること
2.今後の『ビジョン』を明確に示していること
3.内部環境及び外部環境を分析し、『自社の強み』を生かし『市場の機会』へ生かした経営計画となっていること
4.達成目標や期限が定量的に明確に示されていること
5.実現可能性が高いこと
当社では経済産業省登録の中小企業診断士が、これら要点をしっかりと押さえた計画作成を支援することによって資金の調達、及び事業の発展を強力にサポートいたします。

融資/資金調達支援の内容・流れ(例)

現状の分析
①目標・ビジョンの確認:融資希望額やその理由、また今後の事業ビジョンなどをしっかりとヒアリングさせていただきます。
②事業の分析:財務分析や内部・外部環境分析を中心として企業の現状を分析・診断します。
③上記分析より企業の強み、及び市場の機会を確認します。
事業計画作成
上記結果を基に、事業計画書を作成していきます。損益計算書・貸借対照表及びキャッシュフロー計算書などの財務諸表を作成するとともに返済計画書も作成し、無理なく返済できるかどうかを確認します。また、売上・収益の向上を見込む場合などは必要に応じて施策表やスケジュール表、販売計画書などを作成しより詳細な計画と説得力を高めます。
金融機関との調整
事業計画書を基に、金融機関との調整を行います。打合せへの同席も可能ですのでご安心ください。
事業計画の実行
融資実行がゴールではなく、ここからがスタートとなります。事業計画を実現させ企業を発展させるとともに返済を含めた資金計画をスムーズに行うために、定期的な経営支援を受けられることを強くお勧めいたします。当社では様々なフォローアップ体制を選んでいただくことが可能ですので、お気軽にご相談ください。

クラウドファンディングの利用

クラウドファンディングとは、『インターネットを介して多数の方から少しずつ資金を調達する』ことを指しています。金融機関やベンチャーキャピタル等からの融資・出資に代わる方法として注目されている手法となります。
クラウドファンディングでは、まずある『プロジェクト』を表明し、それに共感していただける方から金銭的協力を仰ぐこととなります。現状では『購入型』と呼ばれる手法が主流となっており、モノやサービス等を『リターン』として提供することを前提に資金を集めるものとなります。
条件などやや複雑ですので、まずはお気軽にお問合せください。

ご契約までの流れ

サービス

ご提供サービスのカテゴリーになります。画像クリックでサービス内容が表示されます。