事業再生

資金繰りが苦しい・経営に不安がある
そのようなときはまずご相談ください

CHECK

【このようなお悩みはありませんか?】
□資金繰りが厳しく返済に不安がある
□売上/収益が減少しており今後の経営に不安がある
□様々な外部環境の変化によって経営が不安定になってしまった など
利用者の減少や従業員の急激な退職、介護保険制度の改正など、様々な要因によって収益性が悪化し資金繰りが厳しくなる可能性があります。そのような状況になった時、あるいは陥りそうなときはすぐにご相談ください。
当社では経営改善計画作成による金融機関との交渉や公的な支援機関との共同による事業再生案件など、豊富な経験を基に再生を支援させていただきます。

事業再生支援の流れ(例)

現状の分析
まず、現状の分析を行います。財務分析や内部・外部環境分析を中心として企業の現状を分析・診断し、課題を抽出します。
事業計画作成
事業分析・診断結果を基に、事業改善計画を作成していきます。損益計算書・貸借対照表及びキャッシュフロー計算書などの財務諸表や、施策表などを作成します。また、返済計画も作成することによってリスケジュール等に対応させ、返済計画を示し金融機関からの理解を得ます。
金融機関との調整
事業計画書を基に、金融機関との調整を行います。バンクミーティングへの同席も行わせていただきますのでご安心ください。
事業計画の実行
事業計画を実行していきます。定期的な訪問によって数字計画や施策の進行状況のモニタリングを行うとともに、資金繰りの管理なども行わせていただきます。また、必要に応じて各種会議への参加や一部施策の実行支援なども行わせていただきます。

サービス

ご提供サービスのカテゴリーになります。画像クリックでサービス内容が表示されます。