親族内承継や従業員承継など
内部での承継をサポートいたします

CHECK

【このようなお悩みはありませんか?】
□親族内での円滑な承継を考えている
□従業員への承継を検討している
□将来的に承継を検討しているが何から始めればいいかわからない など
会社を将来的に発展させ、未来へと繋いでいくためには『事業承継』を行い事業を引き継いでいくことが重要となります。しかし、事業承継を行うためには様々な事前準備が必要となります。その為、具体的に何を行う必要があるのか、何から手を付ければいいのかわからずなかなか承継の準備が進んでいない会社も多くあります。
当社では、中小企業庁が公表している『事業承継ガイドライン』を基に円滑な事業承継をサポートいたします。事業承継では様々な専門的知識が必要となる場合がありますが、当社では弁護士や会計士、税理士など様々な専門家と連携を取りサポートを行っています。

事業承継支援の内容・流れ(例)

現状の分析
【事業承継への準備】
事業承継を行うためには承継者の方と被承継者の方のビジョンが一致していることが重要となります。その為、まず承継者及び被承継者候補の方との対話をご支援し、企業を発展させるためのビジョンや今後の協力体制などを作り上げていきます。それとともに、承継後のビジョンを共有し、新たなマネジメント体制や事業体制を明確にしていきます。
これらを基に、以下のステップで承継計画を作成していき、円滑な事業承継を行える体制を築いていきます。
現状の分析
【経営状況・課題の『見える化』】
①事業の見える化:事業内容を分析し自社の強みや弱みを明確にし、課題をはっきりとさせます。
②資産の見える化:承継資産を明確にし、承継者の不安を解消させるとともに承継後の計画作成へと落としこみます。
③財務の見える化:財務状況を明確にするとともに承継後の事業計画へと落としこみます。これによって金融機関やステークホルダーからの信頼も得られ、資金調達や取引の円滑化へとつなげます。
現状の分析
【経営のブラッシュアップ/改善】
事業承継に向けて、上記情報を基に経営力を向上させていきます。特に承継の際には従業員との意識のずれが生じることが多く、事前に経営情報の共有や経営への参画、一部権限の委譲などを行うことによってモチベーションを高め、ともに会社を発展させていくという意識を創り上げていくことが重要となります。
現状の分析
【事業承継計画の作成/実行】
円滑に事業承継を行うために、事業承継計画を後継者の方とともに作成し、共有を行います。また、事業承継実行の際には資産の承継や相続に対し課税される場合があるため、それら専門の税理士や会計士も交え承継を実行します。また、承継計画と主に今後の事業計画も作成し、①従業員と共有し意識/モチベーションを高める、②金融機関やステークホルダーと共有し協力体制を築き信頼を得、資金調達等を円滑に進める、ことによって円滑に事業承継を進めます。
事業承継は、各企業によって様々な形での実施になります。当社では、まずしっかりとヒアリングを行い、各企業に合わせたご支援をさせて頂いております。まずはお気軽にご相談ください。
また、外部承継である【M&Aによる承継の支援】も行っていますのでご相談ください。

サービス

ご提供サービスのカテゴリーになります。画像クリックでサービス内容が表示されます。